All posts by ILFJ(インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン)

08 5月 2017

6.16TDC大会の追加対戦カード・高橋奈七永VSブロニカが決定

6月16日ラウェイinジャパン4 TDCホール大会の追加対戦カードが決定しました。

☆女子ラウェイ 64kg契約 3分3ラウンド 判定なし
高橋奈七永(シードリング) VS Vo Ro Ni Ka(ミャンマー)
※Vo Ro Ni Ka(ブロニカ)はラウェイ初出場。
ミャンマーボクシングナショナルチームに所属していた国家指定強化選手、日本でラウェイに出場を決意
したため5月初旬にボクシング連盟からラウェイ連盟へ移籍。ミャンマーでは「戦うアイドル」として有名な選手。

高橋奈七永(シードリング) ※ミャンマーでのリングネームは「MOMOKO」
「以前よりミャンマー側からもう一度ラウェイのリングに上がってほしいという話は聞いていました。
2月のラウェイ大会では日本の皆さんの前で勝つ姿を見せられなかったので、6月16日は必ず勝って
勝利する姿をお見せしたいと思います。是非、会場でMOMOKOを応援して下さい。」

尚、女子はもう1試合60-62kg級を予定しております。

<既発表対戦カード>以下の決定5試合はMTBF公式ラウェイルールにて行います。

(57kg契約)3分5ラウンド 判定なし
浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉) VS ヤー・ザー(ミャンマー)
※浜本選手は2大会連続出場、ヤーザー選手は2月大会にてKOUMA選手と引分け

(65kg契約)3分5ラウンド 判定なし
蓮實 光(パラエストラ栃木) VS タ-・テ・タプイン(ミャンマー)
※蓮實選手の希望により4月18日大会の再戦

(70kg契約)3分5ラウンド 判定なし
渡慶次 幸平(クロスポイント吉祥寺) VS ピャン・トゥエ(ミャンマー)
※渡慶次幸平はラウェイ初参戦、ピャン・トゥエはラウェイ無敗

(60kg契約)3分4ラウンド 判定なし
BAKI(SHIROI DREAM BOX:我流) VS チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)
※BAKIは連続参戦、チャー・バー・ヘインは前大会2ラウンドTKO勝利で連続参戦

(80kg契約)3分5ラウンド 判定なし
デーブ・レダック(カナダ) VS サイラス・ワシントン(USA)
※両選手共に過去ミャンマーの英雄トゥントゥンミンにKO勝ちした経験あり
試合順未定

◇6月16日(金:18:30開始)ラウェイinジャパン4 FRONTIER
会場:東京ドームシティーホール

【現在発売中です】
VIP 20000円 アリーナS 10000円
第1バルコニー7000円 第2バルコニー5000円 第3バルコニー4000円

02 5月 2017

6.16TDC大会の一部対戦カードが決定

6月16日ラウェイinジャパン4 TDCホール大会の一部対戦カードが決定しました。
以下の決定5試合は純ラウェイルールにて行います。

(57kg契約)3分5ラウンド 判定なし
浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉) VS ヤー・ザー(ミャンマー)
※浜本選手は2大会連続出場、ヤーザー選手は2月大会にてKOUMA選手と引分け

(65kg契約)3分5ラウンド 判定なし
蓮實 光(パラエストラ栃木) VS タ-・テ・タプイン(ミャンマー)
※蓮實選手の希望により4月18日大会の再戦

(70kg契約)3分5ラウンド 判定なし
渡慶次 幸平(クロスポイント吉祥寺) VS ピャン・トゥエ(ミャンマー)
※渡慶次幸平はラウェイ初参戦、ピャン・トゥエはラウェイ無敗


*渡慶次 幸平 選手

(60kg契約)3分4ラウンド 判定なし
BAKI(SHIROI DREAM BOX:我流) VS チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)
※BAKIは連続参戦、チャー・バー・ヘインは前大会2ラウンドTKO勝利で連続参戦

(80kg契約)3分5ラウンド 判定なし
デーブ・レダック(カナダ)  VS  サイラス・ワシントン(USA)
※両選手共に過去ミャンマーの英雄トゥントゥンミンにKO勝ちした経験あり

試合順未定
他、女子ラウェイ2試合(3分3ラウンド 判定なし 純ラウェイルール)を予定。

02 5月 2017

ILFJ及びFOSがミャンマースポーツ省より表彰を受けました。

2017年4月30日ヤンゴン市内ホテルにてミャンマースポーツ省、ミャンマーラウェイ連盟主催の、「ラウェイinジャパン3 GRIT」の成功を祝う晩餐会が行われ、日本から日本大会主催のILFJ・三井昭寛理事と、ラウェイ日本大会を運営するFOS(ファーストオンステージ)・中村祥之が出席。

現ミャンマーユニオンスポーツ大臣 Dr.Myint Htweより表彰状が贈られました。

27 4月 2017

4.18 後楽園ホール大会出場のデーブ・レダック選手、ター・テ・タプイン選手から大会後のコメントが到着

デーブ・レダック

デーブ・レダック

「試合中に右手人差し指を脱臼してしまい、その後試合プランが崩れKOすることが出来ませんでした。例え指が折れていたとしても勝敗に関係なく戦っていました。それが僕の考えるラウェイなので。対戦相手のアデム選手には心から尊敬します。6月の日本大会にももちろん参戦したいと思っています。相手は誰でも構いません。」

ター・テ・タプイン(対蓮實光 TKO勝利)

「日本で真正面からラウェイルールを何一つ変えることなく戦ってくれた蓮實選手何度も立ち上がってくる姿に最大の敬意を表します。次の日本大会ももちろん参加して、純粋なラウェイの試合をしたいと思います。ミャンマー人を応援してくれる日本人の皆様、本当にありがとうございました。」

プロモーター(Mr.Wunna)

「日本の選手の気持ちの強さを尊敬します。そしてラウェイをミャンマー開催と同じ形で開催してくれるILFJ三井(慶満)代表理事にも心から感謝します。4月18日の大会はミャンマーへもLIVE配信され、政府要人も人々も心から祝福してくれました。今後もラウェイを通じて日本とミャンマーの架け橋になれるよう、次回6月16日の日本大会も成功させるよう努力していきます。」

6月16日(金:18:30開始)ラウェイinジャパン4 FRONTIER

会場:東京ドームシティーホール 全7試合「純ラウェイルール」にて行います。
4月25日より、チケット一斉発売開始となります。

17 4月 2017

4.18後楽園ホール大会・当日券情報および6月TDCホール大会先行発売

4.18後楽園ホール大会の当日券を、後楽園ホールにて当日発売いたします。
なお、全席指定となります。立ち見券の発売は致しません。

VIP席は完売となっております。
VIP 20,000円(売切れ) S席8000円 A席6000円 B席5000円

また、4.18後楽園ホール大会会場にて、6月16日 ラウェイ in ジャパン4 FRONTIERチケットの先行発売をさせて頂きます。

VIP 20,000円
第1バルコニー 7,000円
第2バルコニー 5,000円
第3バルコニー 4,000円

17 4月 2017

4.18後楽園ホール大会前日計量及び記者会見の様子

4月17日、都内にて主催者であるILFJ,MMGそしてMTBFのCEOも出席し選手前日計量、記者会見を行いました。

第2試合に出場するC・モベリー選手が1回目の計量で2,4kgオーバー、2時間後再計量を行い1,2kgオーバーでしたが、チャー・バー・ヘイン選手とMTBFレフリーが承諾し、試合の実施が決定致しました。

以下、各選手のコメント

浜本”キャット”雄大

「僕が今後名前を上げていく上で、キャットも昔ラウェイに出ていたんだなと言われるように必ず結果を出します」

と、ラウェイを”踏み台”にすると宣言。

蓮實 光

「計量もパスして今は楽しみで仕方ないです。必ずお客さんが喜んでもらえるような試合をします。」

満面の笑顔で語りました。

デーブ・レダック

デーブ・レダック

「ミャンマーラウェイ史上初のミャンマー人のいないメインイベントで戦えることをILFJに感謝します。
勝つのか負けるのかは結果論、アデム選手は大先輩でしかも初の対戦です。もてる力を出し切って
戦います。」

アデム・フェニックスジム

「ラウェイルールそしてこの階級(80kg)で、オーストラリア対カナダは過去に聞いたことがないし、デーブが強いのは知っています。自分の仕事は相手を倒すことなので出来ることを最大限やり切ります。」

17 4月 2017

4.18 後楽園ホール大会のラウンドガール、愛菜さんからのコメント

4月18日、後楽園ホール大会にてラウンドガールを務めていただきます、愛菜さん(モデル・タレント)より、コメントが到着しました。

「2月に初めてラウェイを観戦し、感動し、大ファンになりました。前回大会に続いてラウンドガールも務めさせていただくことになり、心からうれしく思っています。日本に上陸したばかりのラウェイですが、会場の皆さんと一緒にどんどん盛り上げていきたいです!」

14 4月 2017

4.18 後楽園ホール大会のLIVE配信が決定、解説は日菜太選手&高橋奈七永選手

日菜太選手
日菜太選手
高橋奈七永 選手
高橋奈七永 選手

4月18日(火:午後6時30分開始) ラウェイinジャパン 3~GRIT~後楽園ホール大会が ILFJ公式ウェブサイトより無料LIVE配信することが決定いたしました。18時15分配信開始予定となります。

実況は清野茂樹さん(フリーアナウンサー)、
K-1のリングで活躍する日菜太選手(クロスポイント吉祥寺)、
女子プロレスラーで昨年12月のミャンマーでのラウェイ大会及び前回2月のラウェイ日本大会に参戦した高橋奈七永選手(シードリング)
のお二人に解説を務めていただくことになりました。

実況:清野茂樹
解説:日菜太(クロスポイント吉祥寺)、高橋奈七永(シードリング)

06 4月 2017

4.18 後楽園ホール大会出場選手からコメントが到着③&全試合の試合順が決定

4月18日(火:午後6時30分開始) ラウェイinジャパン 3~GRIT~後楽園ホール大会の試合順が決定、および2選手からのコメントが到着いたしました。

全7試合ミャンマーラウェイ公式ルール採用

<3分5ラウンド:判定なし>
⑦ (80kg契約)デーブ・レダック(カナダ:ムエタイ) VS アデム・フェニックスジム(オーストラリア:ムエタイ)

デーブ・レダック

(カナダ)

「アデム選手はムエタイでも偉大なる先輩です。本当に怖い戦いですが、ラウェイ重量級の現王者として4月18日は最高のパフォーマンスを心がけリングに上がります。」

アデム・フェニックスジム

(オーストラリア)

「ラウェイはムエタイとは全く別の戦いです。お客さんに興奮してもらえるような倒すか倒されるかの戦いをします。前回の日本大会はKO負け(昨年10月対トゥントゥンミン)でしたが今回は勝ちたいと思います。」

⑥ (65kg契約)
ター・テ・タプイン (ミャンマー)
Vs
蓮實 光 (パラエストラ栃木:MMA)

⑤ (69kg契約)
ピャン・トゥエ (ミャンマー)
Vs
ARANA (FSA拳真館USA支部:空手)

④ (56kg契約)
ティン・タイ(ミャンマー)
VS
浜本”キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺:キックボクシング)

③ (80kg契約)
ソー・ンガ・マン(ミャンマー)
Vs
久保輝彦(禅道会:空手)

☆以下2試合は<3分4ラウンド:判定なし>

② (60kg契約)
チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)
Vs
コディー・モベリー (USA:ムエタイ)

① (60kg契約)
サ・ライ・チャン・メェイ・コー(ミャンマー)
vs
BAKI (SHIROI DREAM BOX:経歴非公開)

チケット発売中です!

VIP席 20000円(残りわずか) S席 7000円 A席 5000円 B席 4000円(残りわずか)

チケットぴあ(Pコード:835-199)

ローソンチケット(Lコード:33693)

イープラス

後楽園ホール

問合せ: ILFJ 03-6272-3392
http://ilfj.or.jp/