All posts by ILFJ(インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン)

15 5月 2019

ミャンマー3選手がサンダルで来日

本日〈2019年5月15日〉早朝、ミャンマー3選手がミャンマー”トラディショナルスタイル”のサンダルで来日。
大会に向けてのコメントが到着しましたのでお知らせ致します。

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年年5月17日(金) 午後6時30分開始
全5試合ラウェイ公式ルール

ビャカ選手(メインで東修平選手と対戦)
「初めての日本なので到着して少し緊張してきました。
僕はラウェイをするために日本へ来たのでラウェイの精神に則り自分の全てを出し切ります。
(拳のサポーターは?)この拳は僕にとって一番大切な部分なので試合までの安全対策です。」

イエスィーニ選手
「再び日本へ来れて嬉しいです。僕は背が小さいですがお客さんが楽しんでもらえるような試合しかしません。
僕の試合で日本のお客さんが喜んでくれれば嬉しいです。」

ミンマウンマウン選手
「やっと渡慶次選手と戦えるチャンスがきました。渡慶次選手を倒すために日本へ来ました。
尊敬の気持ちを持ちリングへ上がり、そして勝利の報告をミャンマーの家族や仲間へ伝えます。」

〈5.17 後楽園大会 試合順〉
⑤(63.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
ビャ・カ (ミャンマー)
東 修平(日本:AACC)

④(74.00kg契約) ラウンド数など現在調整中
ミン・マウン・マウン(ミャンマー)
渡慶次幸平(日本:クロスポイント吉祥寺)

③(61.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
イェ・スィー・ニ(ミャンマー )※前大会に続き連続出場
真虎斗a.k.a BASTA(日本:TEAM BASTA)

②(83.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
TY・ウィリアムス(ニュージーランド)※ラウェイ初出場・キックボクシング戦績 15戦12勝(7KO)3敗
鈴木槙吾(日本:フリー)*第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

①(75.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
ウィル・チョープ(アメリカ)
ロクク・ダリ(コンゴ民主共和国:TRI.H studio)

30 4月 2019

鈴木槙吾インタビュー「気持ちが拳に乗れば相手は倒れる」

2019年5月17日(金)、後楽園ホールにて行われる令和初のラウェイ日本大会『LETHWEI IN JAPAN 12 〜勇者の証〜』。この大会に第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト・鈴木槙吾が初参戦する。MMAの舞台で幾多の強豪と闘ってきた鈴木は何故、ラウェイ参戦を決めたのか−−−。

『断る理由は無いですよね、面白そうですもん(笑)』

2015年にはパンクラス王座を獲得した鈴木槙吾。格闘技とどう向き合ってきたのか。そして、地上最も過激と言われるラウェイへの参戦を決めた経緯とは。

「強くなるために何か他の選手と違うところをしてきたっていうことはないと思います。練習嫌いなんで(笑)サボりたい(笑)。ただ、格闘技のことが好きなので見たり、考えたり、頭の中で格闘技のことを考える時間は多いかもしれません。」

「今年2月にプロレスデビューをして(SUGI ・15周年記念興行:後楽園ホール大会)、そのあとプロレス関係者を通じてラウェイに興味はないか?ということでオファーをしていただいたという流れです。即答で参戦を決めました。」

「断る理由は無いですよね、面白そうですもん(笑)」

『プロとして気持ちが見える試合を』

ラウェイ参戦を決めたときの周囲の反応や、本人の格闘技観は。

「(周りからは)まず、『大丈夫?』『怖くない?』みたいな反応が一番多かったですね(笑)。でもボク、MMAも怖い、プロレスも怖いと思っているんです。もちろんラウェイを甘く見たり下に見たりしている訳ではないですけど、グローブがないから、頭突きがあるからといって特別危ないとは思わないです。」

「MMAで出来なかったことをやれるチャンスですし、表現できなかったところを出すチャンスでもあるかなと。」

「MMAのときからボクは相手をヤる覚悟でやってきましたし、もちろん逆にヤられることもあると覚悟してリングに上がってきたので、それはラウェイだからといって変わらないです。」

「高い技術の試合でも、気持ちが見えない試合ってあるじゃないですか。技術が拙くても気持ちが見える試合もある。ボクは気持ちが見える試合のほうがお客さんに伝わると思っているんで。プロとして闘う以上は、闘う気持ちを伝えることも大事なことだと思っています。」

『(対戦相手は)スゲー強い(笑)』

ラウェイ初参戦の対戦相手となるのはキックボクサー、TY・ウィリアムス。母国ニュージーランドでの1DAYトーナメント優勝やWKBF世界クルーザー級のベルト戴冠の実績のある選手だ。

「(TY・ウィリアムスは)強そうだと思いました、はい(笑)。」

「ただ、これまでボクが闘ってきた選手は皆さん強かったです。例えて言うと、その日のサイコロの目でボクが勝つとか相手が勝つとかありましたけど、これまでと変わらず闘います。」

「試合展開の予想は、フルラウンド引き分けにはならないと思いますね。で、向こうはキックのチャンピオン。ラウェイのルールは寝技が無い競技ですしボクがキックボクシングの闘い方をしたら負けると思います。向こうの土俵なんで。ただ、ラウェイのリングでキックボクシングには無いところを試合に使って闘えればボクがすんなり勝つと思ってます。」

『気持ちが拳に乗れば相手は倒れる』

にわかに盛り上がりを見せる日本の格闘技界。そして33歳となった総合格闘家は何を思うのか。

「UFCとかONEとか、日本の格闘技界も盛り上がってきてますね。世界に出たい選手にとって選択肢が広がって良い時代だと思います。この先どうなるかは分からないですけど。若い選手は自分のビジョンをしっかり持ってセルフプロデュースをしっかりすれば、良い方向に進める時代なのでしょう。」

「僕自身は自分が計画した通りの格闘技人生を歩んでいるかというと全然です。ただ格闘家には『自分が一番強い』とか、多少の自惚れは必要で、ボクも自分が一番強いんじゃないかとは思ってました。デビュー戦で敗けてるんですけど(笑)。」

「今の33歳という年齢は、昔であればベテランの域。ですが自分としては20代のときと比べても今一番コンデションが良いですし、心肺能力も上がってますし今が一番強い、ピークだと思ってます。」

「自分のファイトスタイルとしては、思い切りが良いのかなと。『気持ちが拳に乗れば相手は倒れる』と思ってます!」

「自身の闘いで見て欲しいところは、“覚悟”です。お客さんが見て面白いと思うことをやれると思いますし、それを表現できれば。」

「キックなどの立ち技系でも、プロレスでも、オファーがあればなんでもやります!ボクのことを知らない方も多いと思いますけど試合はハズしません!(笑)ボクなりの、ボクだけのラウェイを表現できれば!」

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年5月17日(金) 午後6時30分開始

第2試合(83.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
TY・ウィリアムス(ニュージーランド)※ラウェイ初出場・キックボクシング戦績 15戦12勝(7KO)3敗
VS
鈴木槙吾(日本:フリー)※ラウェイ初出場・第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

26 4月 2019

5.17 後楽園大会 出場4選手よりコメントが到着

5月17日(金) 後楽園ホールにて行われる『LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~』に出場する4選手より以下のコメントが到着いたしました。

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年5月17日(金) 午後6時30分開始

東修平選手コメント

ジャパンラウェイ元気印のヒガシです。
ラウェイ4戦目の大切相手は、ミャンマー、日本共に期待されている超新星の選手です。
ビャカ選手は、超攻撃型でカウンターの頭突きを得意とする選手。
倒すか倒されるかの試合になると思います。
怖くないと言ったら嘘になりますが、皆様の気持ちを背負っているので、負ける訳にはいきません。
勝ってビャカ選手を越えたいです。また、第12回大会が開催できるのも、沢山の方々の知恵と努力、支えがあって築きあげてきたラウェイを今回大会は僕がメインとして、会場を盛り上げて感動が生まれる、過去最高の大会にしたいです。

「第12回大会」
平成から令和に変わっても、僕のラウェイへの愛は変わりません。
10人の誇り高きファイターの命掛けの試合を観に来て下さい!
ご来場をお待ちしております。

渡慶次選手コメント

前戦で拳が折れましたがバッチリ治しましたので今回もこの拳でお客さんを熱狂させます。
そして、ミャンマー学校建設に向けてまた一歩前進します。
5月17日、たとえまた拳が折れても関係有りません。
この命ある限りエキサイティングなラウェイを見せる事をお約束します。

鈴木槙吾選手コメント

世界一過激なルールと言われるラウェイ。そのラウェイを肌で感じてみたくて参戦を決めました。
相手はキックボクシングのチャンピオンで強い選手だと思うのでよりワクワクします。
殺される覚悟と殺す覚悟を備えて試合に向かいます。
5月17日が楽しみです。

ロクク・ダリ選手コメント

コンニチハ!
日本に住み日本人と結婚し、日本で子育てをし、日本を愛するコンゴ人のダリです。
私は柔道という日本の伝統武道のおかげでコンゴ代表として日本に足を踏み入れました。
日本のMMAに憧れて格闘技を始めて、そしてミャンマーの伝統武術であるラウェイの舞台でも戦わせてもらっています。
打倒極があるMMAと立ち技なら頭突きもOKのラウェイが格闘技の究極だと思っています。

今回はその究極の格闘技MMAの最高峰であるUFCファイターであるウィルチョープと究極の立ち技格闘技のラウェイで戦える事を光栄に思います。
MMAとラウェイという2束のわらじを履いているウィル選手には親近感はありますが、この試合に勝ってUFCへの足がかりとしたいと思います!!
ボマイエ!!!

<対戦カード> 全5試合ラウェイ公式ルール

⑤(63.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
ビャ・カ (ミャンマー)
東 修平(日本:AACC)

④(74.00kg契約) ラウンド数など現在調整中
ミン・マウン・マウン(ミャンマー)
渡慶次幸平(日本:クロスポイント吉祥寺)

③(61.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
イェ・スィー・ニ(ミャンマー )※前大会に続き連続出場
真虎斗a.k.a BASTA(日本:TEAM BASTA)

②(83.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
TY・ウィリアムス(ニュージーランド)※ラウェイ初出場・キックボクシング戦績 15戦12勝(7KO)3敗
鈴木槙吾(日本:フリー)*第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

①(75.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
ウィル・チョープ(アメリカ)
ロクク・ダリ(コンゴ民主共和国:TRI.H studio)

 

<前売り券発売中です>
VIP 10,000円  S 7,000円  A 5,000円  B 4,000円
*当日券は各500円UP
チケットぴあ(Pコード:842-535)
ローソンチケット(Lコード:35127)
イープラス(パソコン&携帯電話より)
後楽園ホール

お問合せ:ILFJ 03-5212-5088

23 4月 2019

5.17 後楽園大会 試合順決定

次回大会の試合順が決定いたしましたので以下に掲載いたします。(上段が赤コーナー)

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年年5月17日(金) 午後6時30分開始

全5試合ラウェイ公式ルール

(63.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
ビャ・カ (ミャンマー)
東 修平(日本:AACC)

(74.00kg契約) ラウンド数など現在調整中
ミン・マウン・マウン(ミャンマー)
渡慶次幸平(日本:クロスポイント吉祥寺)

(61.00㎏契約) 3分5ラウンド 判定なし
イェ・スィー・ニ(ミャンマー )※前大会に続き連続出場
真虎斗a.k.a BASTA(日本:TEAM BASTA)

(83.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
TY・ウィリアムス(ニュージーランド)※ラウェイ初出場・キックボクシング戦績 15戦12勝(7KO)3敗
鈴木槙吾(日本:フリー)*第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト

(75.00㎏契約) 3分4ラウンド 判定なし
ウィル・チョープ(アメリカ)
ロクク・ダリ(コンゴ民主共和国:TRI.H studio)

<前売り券発売中です>
VIP 10,000円    S 7,000円    A 5,000円    B 4,000円
*当日券は各500円UP

チケットぴあ(Pコード:842-535)
ローソンチケット(Lコード:35127)
イープラス(パソコン&携帯電話より)
後楽園ホール

お問合せ:ILFJ 03-5212-5088

08 4月 2019

5.17 後楽園大会 全 5 試合が決定

次回大会で行われる全5試合が決定しましたのでお知らせいたします。

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年年5月17日(金) 午後6時30分開始

全5試合ラウェイ公式ルール

<決定対戦カード・試合順未定>

74.00kg 契約

渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) VS ミン・マウン・マウン(ミャンマー)

<既報対戦カード>

83.00㎏ 契約

TY・ウィリアムス
(ニュージーランド:ラウェイ初出場:他戦績 15戦12勝(7KO)3敗)

VS

鈴木槙吾
(フリー*第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)

75.00㎏ 契約

ロクク・ダリ(TRI.H studio) VS ウィル・チョープ(USA)

61.00㎏ 契約

イェ・スィー・ニ( ミャンマー *前大会に続き連続出場) VS 真虎斗a.k.a BASTA(TEAM BASTA)

63.00㎏ 契約

ビャ・カ (ミャンマー)*日本大会初出場、3月27日現在無敗 VS 東 修平(AACC)

また、本大会のチケットを4月1日よりプレイガイド発売開始致します。
VIP 10,000円  S 7,000円  A 5,000円  B 4,000円
*当日券は各500円UP

チケットぴあ(Pコード:842-535)
ローソンチケット(Lコード:35127)
イープラス(パソコン&携帯電話より)
後楽園ホール(4月8日より5階前売り所にて発売開始)

お問合せ:ILFJ 03-5212-5088

29 3月 2019

5月大会 4 カード決定及びチケット販売についてのお知らせ

5月大会につきまして、4つの対戦カードが決定しましたのでお知らせいたします。

大会名:LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~ 後楽園ホール
日 時:2019年年5月17日(金) 午後6時30分開始

全5試合ラウェイ公式ルール

<決定対戦カード>

83.00㎏ 契約

TY・ウィリアムス
(ニュージーランド:ラウェイ初出場:他戦績 15戦12勝(7KO)3敗)

VS

鈴木槙吾
(フリー*第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)

75.00㎏ 契約

ロクク・ダリ(TRI.H studio) VS ウィル・チョープ(USA)

61.00㎏ 契約

イェ・スィー・ニ( ミャンマー *前大会に続き連続出場) VS 真虎斗a.k.a BASTA(TEAM BASTA)

63.00㎏ 契約

ビャ・カ (ミャンマー)*日本大会初出場、3月27日現在無敗 VS 東 修平(AACC)

また、本大会のチケットを4月1日よりプレイガイド発売開始致します。
VIP 10,000円  S 7,000円  A 5,000円  B 4,000円
*当日券は各500円UP

チケットぴあ(Pコード:842-535)
ローソンチケット(Lコード:35127)
イープラス(パソコン&携帯電話より)
後楽園ホール(4月8日より5階前売り所にて発売開始)

お問合せ:ILFJ 03-5212-5088

18 3月 2019

3月19日(火)22時からAbemaTVにて2月大会放送

3月19日(火)22:00より、『LETHWEI IN JAPAN 11 〜千年の力〜』2.27後楽園ホール大会がAbemaTV・格闘チャンネルにて放送されます。

番組URLはこちら↓
https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/EpCg6T4szAhz3R

実況:八塚浩
解説:日菜太(クロスポイント吉祥寺/K-1)
ゲスト解説:三又又三

ぜひ、御覧ください。

26 2月 2019

2.27 第1試合中止、全5試合で開催

2月27日、後楽園ホール大会につきお知らせ致します。

第1試合に予定されていた61.5kg契約・後藤丈治(日本)VSクォン・ドヒョン(韓国)戦につきまして、後藤丈治選手は初回計量にて契約体重をクリアしましたが、クォン・ドヒョン選手が3時間後の最終計量の時点で契約体重を1.75kgオーバーしました。同選手は失格となり、この試合は試合不成立のため中止とさせていただきます。試合を楽しみにされておられました皆様、後藤選手をはじめとする関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

本大会は全5試合にて開催致します。

06 2月 2019

2.27 後楽園 出場6選手からコメント及び試合順決定

2月27日後楽園ホール大会に出場する6選手からコメントが到着いたしました。
また、試合順も以下の順に決定しましたことをお知らせ致します。

大会名:LETHWEI IN JAPAN ~千年の力~ 後楽園ホール
日 時:平成31年2月27日(水) 午後6時30分開始

【対戦カード】
(74.00㎏) 3分5ラウンド 渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) VS シャン・コー(ミャンマー)

シャン・コー(ミャンマー)
「渡慶次選手とは日本でもミャンマーでも顔を合わせていますが、戦うのは初めてですね。最近ミャンマーでも
有名になってきた渡慶次選手とも尊敬の気持ちを持って真正面からミャンマーラウェイで勝負します。
ラウェイはミャンマー国技です。その証明をしに日本へ行きます。」

(63.00㎏) 3分5ラウンド 東修平(AACC) VS フィリップ・レプリス(ニュージーランド)

フィリップ・レプリス(ニュージーランド)
「東選手はとてもアグレッシブな戦い方をする選手なので、僕もアグレッシブに攻めます。
倒すか倒れるか分かりませんが、思い切りラウェイらしい戦いをしたいと思います。」

(60.50㎏) 3分5ラウンド 一休そうじゅん(ゴリラジム) VS イェ・スィー・ニ(ミャンマー)

イェ・スィー・ニ(ミャンマー)
「初めての日本ですがラウェイルールなので普段通り自分の試合をします。
勝敗は運もあるので気にせず対戦相手の選手と思い切り殴り合いたいです。」

(66.50㎏) 3分5ラウンド ソー・ミン・アウン(ミャンマー) vs ケイン・コンラン(ニュージーランド)

ソー・ミン・アウン(ミャンマー)
「前回の日本大会では渡慶次選手と戦いベストは尽くしました。日本で色々と経験したので
今回は初めて減量をして試合をします。対戦相手のケイン選手優れたムエタイ技術を持っていますが
ラウェイはミャンマーの国技です。この試合は勝たなければいけないと思っています。
計量が終わったら思い切りご飯を食べて試合に備えます」

ケイン・コンラン(ニュージーランド)
「前回の日本大会に出場して、ミャンマーの選手は攻撃し続けても倒れないと知ってとても驚きました。
ラウェイはポイントでの勝敗がない特別な格闘技なので、倒すことだけ考えてリングに上がります。」

(74.50㎏) 3分4ラウンド ロクク・ダリ(Honey trap) VS カイ・チー(マレーシア) *2018 ISKA マレーシアミドル級王者

カイ・チー(マレーシア) *2018 ISKA マレーシアミドル級王者
「やっと日本でラウェイに参戦できます。ILFJの関係者には心からお礼を言いたいです。
対戦相手のロクク選手は本当に強い相手だと思いますが、キックボクシングのマレーシア王者として
マレーシアで応援してくれる人々のためにBESTを尽くします。」

(61.50㎏)  ILFJルール 3分3ラウンド(インターバル1分)タイム無し 
後藤丈治(P’sLAB札幌) VS クォン・ドヒョン(韓国)

試合順・ラウンド数は決まり次第お知らせさせて頂きます。

【プレイガイドにて発売中です】 VIP 10,000円  S 7,000円  A 5,000円  B 4,000円
チケットぴあ(Pコード:841-458)
ローソンチケット(Lコード:34895)
イープラス、後楽園ホール

お問合せ:ILFJ 03-5212-5088