ラウェイ ロゴ

ABOUT

ラウェイ概要

2016年10月27日 ミャンマー国技・ラウェイ初の海外大会開催

2016年10月27日、ミャンマー国技・ラウェイ初となる海外での公式大会が日本の後楽園ホールで開催された。

記念すべき大会でのメインイベントでは”ミャンマーの英雄”80㎏級王者トゥン・トゥン・ミンが、オセアニアの強豪、アデム・フェニックスジムを5R・TKOにて撃破。ラウェイの牙城が守られ、会場は大歓声に包まれた。

出場選手が対戦相手を敬う姿勢やミャンマー直輸入の演出など、国技としての崇高な精神性や歴史を存分に感じさせる大会となった。

2017年2月16日(木)第2回大会開催

2017年2月16日(木)にミャンマー・ラウェイの第2回大会、『バガン遺跡群復興支援 ラウェイ in Japan 2~LEGACY~』が開催。会場は第1回と同様、東京・後楽園ホール。

第1回はミャンマー出身の選手同士の対戦が大半を占めたが、第2回大会では全6試合中5試合がミャンマーVS日本の対抗戦となり、結果こそミャンマー側の3勝2分けとなったが、結果だけにとどまらない感動の瞬間を1800人超満員札止めの観衆が体験した。

第2試合では女子プロレスラー・高橋奈七永が登場、引き分けに終わったものの、1Rにダウンを奪い、頭突きの連打など心を感じさせるファイトで会場をわかせた。

第3試合ではIGF所属のプロレスラー、奥田啓介が参戦。ラウェイ初戦にして魂あふれる試合を展開。3R終了時に左目が塞がったためドクターストップとなったものの、奥田は見事に『闘魂を証明したプロレスラー』となった。

第6試合に出場した現WPMF日本スーパーバンタム級王者、KOUMAは直近の試合で連続5KO勝ち。メインイベントに堂々登場。試合前に語っていた通りの真っ向勝負で“漢”を見せつけた。

第3回大会・そして第4回大会開催決定

2017年4月18日『バガン遺跡群復興支援チャリティー Lethwei (ラウェイ) in Japan 3 ~GRIT~』の開催が決定、会場は後楽園ホールとなる。

そして、2017年6月16日には、TDC(東京ドームシティ)ホールでの開催が決定。現在、国内外から次々と参戦希望の逆オファーが寄せられているという。今後のラウェイにも要注目である。

RULES

ミャンマーラウェイ連盟公式ルール

●コスチューム
1.選手はショートパンツのみで試合を行う、上着・シューズの着用は禁止。女子選手は上着を着用する。
2.選手は拳にバンデージを巻き試合を行う。バンデージ内に硬い物質を入れバンデージを巻いてはならない。なお、足首・くるぶしにバンデージを巻くことは許される。
3.男子選手は必ずファールカップを着用しなければならない。
4.選手は必ずマウスピースを装着しなければならない。

●ラウンド
1.1ラウンドを3分とし、5ラウンドまたは4ラウンドを行う。ラウンド間のインターバルは2分。
2.女子の試合に於いては、1ラウンドを2分とし、4ラウンドを行う。ラウンド間のインターバルは2分。

●セコンド
1.選手には2名までのセコンドが許される。

●レフリーの権限
1.試合の開始、ストップ、ブレイクを宣する権限を持つ
2.試合中戦う選手の優劣が明らかな場合、試合を終了させる権限を持つ(レフリーストップ)
3.試合中選手が負傷した場合ドクターチェックを要請し、試合の続行又は試合の終了を宣告する権限を持つ。
4.レフリーはラウェイ公式ルールに則り公平に試合続行、又は終了を宣することが出来る。
5.片方の選手をダウンと裁定した場合、レフリーは速やかに相手選手を離し、ニュートラルコーナーに待機させ、攻撃の継続をしないように注意する。
6.選手が場外へ落ちるなど、試合中に予想外のことが起こった場合、レフリーは試合を中断し、両選手を公平な状態にして試合を再開する。

●勝敗
勝敗は以下のように決する。

1.ノックアウト(KO):選手がダウンの状態もしくはロープ際で意識を失い、10カウント以内に戦う意思を示せなかった場合(10カウントを1カウント/2秒にて計測)。
2.テクニカルノックアウト(TKO):リングドクターにより選手が試合続行不可能と判断された場合。
3.ひとつのラウンド中ダウンを3回喫した場合、TKO負けとなる。
4.ひとつの試合中通算して4回のダウンを喫した選手は、TKO負けとなる。
5.選手またはセコンド陣が試合続行不可能と判断した場合、棄権をすることが出来る(TKO負け)。
6.最終ラウンド終了時まで勝敗が決しなかった場合、引き分けとなる。
7.プロフェッショナルクラスの試合においては、試合中に”タイム”を使用し、2分間のインターバルを得ることが出来る(両選手それぞれ試合中1度のみ)。但し、最終ラウンドでは使用することが出来ない。”タイム”を使用した選手は、ダウン1回を喫したとカウントされる。

●有効な攻撃・技術
1.あらゆるパンチ技
2.あらゆるヒジを使った攻撃
3.頭突き
4.あらゆるヒザを使った攻撃
5.あらゆるキック技
6.クリンチ
7.投げ技
8.バックハンドを使用した攻撃

●反則
1.噛みつき
2.目をえぐる行為、指で目を突く行為
3.つばを吐く行為
4.暴言
5.首を絞める行為
6.金的への意図的な攻撃
7.指の爪でひっかく行為
8.相手がダウンしたあとの攻撃の継続
9.その他、ラウェイ選手としてのマナーに反する行為

●ミャンマー・ラウェイ・フェデレーション 2016年8月20日改定
日本語訳:インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン 2016年10月(2017年1月および4月改訂)